当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
バージョン 6.x
  • ダイナミックディスクの自動パーティションサイズ変更のサポート
  • Windows Storage Space(Windows 8 / 8.1 / 10 / Threshold 2 / Anniversary /すべてのCreatorsアップデート)、Linuxのmdadm RAIDとLogical Volume Managerボリューム、Apple CoreStorage / File Vault / FusionドライブのボリュームとRAIDのサポート。
  • 起動バージョンでUEFIブート。
  • HFS+パーティションのサイズ変更のサポート。
  • レポートをメールで送信する際のセキュア接続(SSL)のサポート。
  • イメージの作成時に、[実際のデータのみバックアップ]オプションが選択されている場合、pagefiles.sys、hiberfil.sysなどのファイルの内容はスキップされます。
  • 起動バージョンでHiDPI (retinaのような)スクリーンをサポート。
  • NVMEデバイスのSMART属性のサポート。
  • タスクスケジューラ2.0のサポート。
バージョン 5.x
  • GPTパーティションレイアウトのフルサポート。R-Drive Image はGPTディスクの作成、リサイズ、およびパーティションレイアウトの変更をコピー/復元操作を実行中に行うことができます。
  • S.M.A.R.T.警告のサポート。ハードドライブに潜在的なハードウェア障害のリスクがある場合、そのS.M.A.R.T. (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology) システムは特別な警告を発生します。R-Drive Image はこれらの警告を表示し、確認メッセージをメールで送信します。
  • 圧縮イメージの読み込み速度の大幅な向上。
  • Windows 8 および Windows Server 2012 をサポートしています。 新しい R-Drive Image のバージョンは、すべての Windows 8 および Windows Server 2012 オペレーティングシステムをサポートしています。
  • 新しい、より速く、より堅牢なディスク処理エンジン。 R-Drive Image は、より安定し、信頼できるようになりました。 多くのバグが修正されています。
  • 個別ファイルをイメージから復元することができます。
  • GUI およびヘルプでいくつかの言語をサポートします。
  • GUI を使用するスタートアップバージョン。
  • 新しいファイル拡張子を持つ新しいイメージフォーマット、.rdr。 古いイメージフォーマットもサポートされています。
  • ディスクコピー時のディスクシグネチャ衝突を解決します。
  • Microsoft 社がその新しい Windows 2012 Server に導入した新しいローカルファイルシステムであるReFS(レジリエントファイルシステム)をサポートします。 すべてのディスク操作は、パーティションサイズ変更を除いて、サポートされます。
  • BCDベースのブートローダのセットアップ。
バージョン 4.x
  • 多くのファイルシステムに対するスマートデータイメージングをサポート。 FAT および NTFS に加えて、R-Drive Image は、exFAT、HFS/HFS+、リトルエンディアンおよびビッグエンディアンバリアントな UFS1/UFS2 および Ext2/Ext3/Ext4 FS (Linux)ファイルシステムに対してイメージファイルサイズを減らすための有益な情報のみをバックアップします。
  • スマートなバッドセクタ処理。 R-Drive Image は、ディスク上で遭遇したバッドセクタを処理します。
  • 破損したイメージファイルのスマートな処理 R-Drive Image は、破損したイメージファイルから正常な部分を復元することができます。
  • バックアップセット。 バックアップセットは、R-Drive Image が 1 つのユニットとして扱うセット(通常、オブジェクトの全イメージに対するファイルおよび増分/差分バックアップの番号)です。 バックアップセットは、複雑なバックアップタスクのパラメータ(イメージファイルに割当てられた合計サイズ、保存するイメージファイル数、およびデータを保存する時間)を柔軟に制御するために使用されます。
  • Windows Vista および 64 ビットプロセッサのサポート。 新しい R-Drive Image バージョンは、全 Windows Vista オペレーティングシステムおよび 64 ビットプロセッサをサポートします。
  • イメージ作成およびディスクコピー操作の加速。 非同期 I/O および分散 zlib 圧縮ライブラリが、様々なプロセッサに追加されました。 結果、ユーザーは、イメージ作成およびディスクコピー操作において最大 200% のスピードが向上しました。
  • 差分イメージ作成。 増分/差分バックアップを作成する時、メインイメージを読むことなく、差分イメージを現在データと 128 ビットハッシュで比較して作成します。 増分/差分イメージ作成をスピードアップするには、イメージを CD/DVD ディスクに書き込むときに元のディスクを変更する必要があります。
  • 増分イメージ作成モード。 以前のバージョンでは差分モードのみが利用可能でした。
  • ブート可能モジュールを CD/DVD ディスクをイメージデータと一緒に書き込みます。 このようにして、1 枚の CD/DVD ディスクで、システムをブートおよび復元できます。
  • Microsoft ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)のサポート。 データベースのスナップショットをポイントインタイムで作成するために、Microsoft Exchange、Microsoft SQL および Oracle などのサーバーは、バックアッププロセスを開始する前に通知されます。 その技術で、サーバーのデータベースを同期し、かつ、直ぐに変更されるデータの正しいコピーを作成することができます。
  • ダイナミックディスクおよび BSD スライスのサポート。 ダイナミックディスクおよび BSD スライスをバックアップ、復元、およびコピーすることができます。 この機能は、Windows と R-Drive Image のブート可能バージョンでサポートされます。 すべてのタイプのディスクまたはボリュームのイメージを作成し、イメージをダイナミックディスクまたは基本ディスクに復元することができます。 しかし、イメージを復元する時に、ターゲットディスクのサイズまたは他の特性を変更することはできません。 ダイナミックディスクイメージを基本ディスクに復元するとき、基本ディスクは基本のままで、ダイナミックディスクに変換されません。
  • CD/DVD 書込み時の柔軟な制御。 これにより、ISO ファイルの書込み速度とキャッシングを制限します。
  • イメージの改良されたファイルフォーマットがアプリケーションにより作成されます。
  • NTFS パーティションへの書込み。 R-Drive Image ブート可能バージョン(Linux カーネルをベースにする)は、R-Drive Image Windows バージョンと同様に NTFS パーティションへの書込みをサポートします。
データ 復元 アーティクル
PC プライバシー アーティクル