Windows 用ドライブイメージおよびバックアップ

R-Drive Image は、バックアップまたは複製目的でディスクイメージファイル作成を提供する強力なユーティリティです。 ディスクイメージファイルには、ハードドライブ、パーティションまたは論理ディスクの正確なバイト単位のコピーを含み、Windows オペレーティングシステムを停止することなく、オンザフライで様々な圧縮レベルで作成することができ、ビジネスを停止させません。 これらのイメージファイルは、CD-R(W)/DVD、Iomega Zip または Jazz ディスクなどの様々なリムーバブルメディアを含む、様々な場所に格納することができます。

R-Drive Image は、元のディスク、他のパーティションまたはハードドライブの空きスペースにオンザフライでイメージファイルを復元します。 システムまたはその他ロックされたパーティションを復元するために、R-Drive Image を Windows から直接擬似グラフィックモードに切り替えるか、あるいは、ユーティリティを使用して作成されたCD または、フロッピーディスクのブート可能バージョンから起動します。

R-Drive Image を使用して、オペレーティングシステムのクラッシュ、ウイルスの攻撃、または、ハードウェアの故障が原因の重大なデータ喪失の後、システムを完全かつ迅速に復元することができます。 また、同じコンピュータを多くセットアップする必要がある場合、大量システム配置に R-Drive Image を使用することができます。 言い換えれば、1 台のシステムだけをセットアップし、システムのイメージを作成して、その後それを他の全てのコンピュータに配置して時間と費用を削減することができます。 ディスクイメージからあるファイルだけを復元する必要がある場合、イメージを仮想ディスクとして接続し、Windows エクスプローラまたは他のファイルユーティリティを使って、ディスクイメージから直接ファイルをコピーすることができます。

R-Drive Image は、致命的なシステムの故障後、データ喪失を防ぐ最高のバックアップソリューションかつ災害復旧ソリューションです。

30 日間の完全機能の無料トライアルバージョンが評価目的で利用可能です。

  • シンプルなウィザードインターフェース 深いコンピュータ管理スキルは必要ありません。
  • オンザフライアクション: イメージファイルはオンザフライで作成され、Windows の停止および再起動は必要ありません。 その他のディスクのすべての書込みは、イメージが作成されるまでキャッシュに格納されます。 イメージファイルのデータは、システムパーティション以外はオンザフライで復元されます。 システムパーティションへのデータの復元は、Windows の擬似グラフィックモードで R-Drive Image を再起動するか、特別に作成された起動ディスクを使って実施します。
  • イメージファイルの圧縮。 イメージファイルを圧縮して、空きストレージスペースを節約します。
  • リムーバブルメディアのサポート。 イメージファイルをリムーバブルメディアに格納することが可能です。
  • 起動バージョン。 起動バージョンはOSによりロックされているパーティションの イメージ作成 / リストア / コピー を行うために使用することができます。コンピュータをWindows, または外部USBデバイス、CD/DVDディスク, または6枚のフロッピーディスクを使って直接起動バージョンで再起動することができます。起動バージョンではグラフィックユーザーインターフェース、もしくはグラフィックカードがサポートされていない場合は擬似グラフィックモードを利用することができます。最近のコンピュータ向けにUEFIブートをサポート。
  • 起動バージョンでの USB 2.0 および 3.0 のサポート。 ハードドライブの価格が連続して下がり続けており、適切なハードドライブを組み込んだ外部 IDE-USB 2.0 または 3.0 HDD ケースは、起動バージョンンでのみ復元することができるシステムと他のパーティション用のバックアップファイルを格納するための理想的な(高速で信頼性の高い)ソリューションです。 信頼性の低い CD ディスクや速度が遅い CD/ DVD レコーダーを使用しないでください。 重要: 増分バックアップでは、このハードドライブは大きくなることはありません。
  • 起動バージョンのネットワークサポート。 R-Drive Image 起動バージョンは、 Microsoft ネットワーク(CIFS プロトコル)上のディスクイメージファイルの作成および復元をサポートします。
  • 起動バージョンでサポートされるデバイスの拡張リスト。 R-Drive Image 起動バージョンでサポートされるハードウェアのリストが拡張されました。 リストの参照
  • イメージファイルを読取り専用仮想ディスクとして接続します。そのディスクを参照し、ファイル/フォルダを検索・コピーできます。
  • 個々のファイルとフォルダの復元。ディスク全体ではなく、個々のファイルとフォルダを復元操作中に復元するか、仮想ディスクとして接続したイメージファイルから復元することができます。
  • イメージファイルの分割。 ドライブイメージを複数ファイルに分割して、ストレージメディアに合わせることができます。
  • イメージファイルの保護。 ディスクイメージファイルをパスワード保護して、コメントを含めることができます。
  • 新規パーティションの作成。 ディスクイメージのデータをハードドライブ上の空きスペース(未パーティション)に復元することができます。 格納先パーティションサイズを変更できます。
  • パーティションの置換。 ディスクイメージのデータをその他の既存パーティション上に復元することができます。 R-Drive Image は、空きスペース上のパーティションを削除し、データを格納します。
  • ディスク間コピー。 ディスク全体を別なディスクに直接コピーすることができます。
  • イメージファイルの検証。 イメージファイルが格納前に正常が、復元前に正常化を確認します。
  • スケジューラ。 ディスクイメージの作成時刻をスケジュールでき、プロセスを無人モードで実行することができます。
  • 頻繁なアクションまたは無人アクション作成用スクリプト。 イメージファイルの作成および既存イメージファイルへのデータ追加用スクリプトを実際実行されるのと同じ方法で R-Drive Image インターフェースから作成します。 スクリプトはコマンドラインおよびコマンドを含むコマンドファイルから実行されます。
  • アクションレポート。 ディスクイメージの作成に成功したり、失敗した場合、電子メールを介してレポートを送信したり、外部アプリケーションを起動できます。
  • Microsoft 社がその新しい Windows 2012 Server に導入した新しいローカルファイルシステムであるREFS(レジリエントファイルシステム)をサポートします。 すべてのディスク操作は、パーティションサイズ変更を除いて、サポートされます。
  • GPTパーティションレイアウトのフルサポート。R-Drive Image はGPTディスクの作成、リサイズ、およびパーティションレイアウトの変更をコピー/復元操作を実行中に行うことができます。
  • Windows 記憶域スペース (Windows 8/8.1 および 10)、Linux 論理ボリュームマネージャー のボリューム、および ソフトウェアMac RAIDをサポートしています。
  • Windows 記憶域スペース (Windows 8/8.1 および 10)、Linux 論理ボリュームマネージャー のボリューム、および ソフトウェアMac RAIDをサポートしています。
  • 起動バージョンでUEFIブート。
  • 起動バージョンでHiDPI (retinaのような)スクリーンをサポート。
  • GPTパーティションレイアウトのフルサポート。R-Drive Image はGPTディスクの作成、リサイズ、およびパーティションレイアウトの変更をコピー/復元操作を実行中に行うことができます。
  • S.M.A.R.T.警告のサポート。ハードドライブに潜在的なハードウェア障害のリスクがある場合、そのS.M.A.R.T. (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology) システムは特別な警告を発生します。R-Drive Image はこれらの警告を表示し、確認メッセージをメールで送信します。
  • 圧縮イメージの読み込み速度の大幅な向上。
  • Windows 8 および Windows Server 2012 をサポートしています。 新しい R-Drive Image のバージョンは、すべての Windows 8 および Windows Server 2012 オペレーティングシステムをサポートしています。
  • 新しい、より速く、より堅牢なディスク処理エンジン。 R-Drive Image は、より安定し、信頼できるようになりました。 多くのバグが修正されています。
  • 個別ファイルをイメージから復元することができます。
  • GUI およびヘルプでいくつかの言語をサポートします。
  • GUI を使用するスタートアップバージョン。
  • 新しいファイル拡張子を持つ新しいイメージフォーマット、.rdr。 古いイメージフォーマットもサポートされています。
  • ディスクコピー時のディスクシグネチャ衝突を解決します。
  • Microsoft 社がその新しい Windows 2012 Server に導入した新しいローカルファイルシステムであるREFS(レジリエントファイルシステム)をサポートします。 すべてのディスク操作は、パーティションサイズ変更を除いて、サポートされます。
  • BCDベースのブートローダのセットアップ。
  • 多くのファイルシステムに対するスマートデータイメージングをサポート。 FAT および NTFS に加えて、R-Drive Image は、exFAT、HFS/HFS+、リトルエンディアンおよびビッグエンディアンバリアントな UFS1/UFS2 および Ext2/Ext3/Ext4 FS (Linux)ファイルシステムに対してイメージファイルサイズを減らすための有益な情報のみをバックアップします。
  • スマートなバッドセクタ処理。 R-Drive Image は、ディスク上で遭遇したバッドセクタを処理します。
  • 破損したイメージファイルのスマートな処理 R-Drive Image は、破損したイメージファイルから正常な部分を復元することができます。
  • バックアップセット。 バックアップセットは、R-Drive Image が 1 つのユニットとして扱うセット(通常、オブジェクトの全イメージに対するファイルおよび増分/差分バックアップの番号)です。 バックアップセットは、複雑なバックアップタスクのパラメータ(イメージファイルに割当てられた合計サイズ、保存するイメージファイル数、およびデータを保存する時間)を柔軟に制御するために使用されます。
  • Windows Vista および 64 ビットプロセッサのサポート。 新しい R-Drive Image バージョンは、全 Windows Vista オペレーティングシステムおよび 64 ビットプロセッサをサポートします。
  • イメージ作成およびディスクコピー操作の加速。 非同期 I/O および分散 zlib 圧縮ライブラリが、様々なプロセッサに追加されました。 結果、ユーザーは、イメージ作成およびディスクコピー操作において最大 200% のスピードが向上しました。
  • 差分イメージ作成。 増分/差分バックアップを作成する時、メインイメージを読むことなく、差分イメージを現在データと 128 ビットハッシュで比較して作成します。 増分/差分イメージ作成をスピードアップするには、イメージを CD/DVD ディスクに書き込むときに元のディスクを変更する必要があります。
  • 増分イメージ作成モード。 以前のバージョンでは差分モードのみが利用可能でした。
  • ブート可能モジュールを CD/DVD ディスクをイメージデータと一緒に書き込みます。 このようにして、1 枚の CD/DVD ディスクで、システムをブートおよび復元できます。
  • Microsoft ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)のサポート。 データベースのスナップショットをポイントインタイムで作成するために、Microsoft Exchange、Microsoft SQL および Oracle などのサーバーは、バックアッププロセスを開始する前に通知されます。 その技術で、サーバーのデータベースを同期し、かつ、直ぐに変更されるデータの正しいコピーを作成することができます。
  • ダイナミックディスクおよび BSD スライスのサポート。 ダイナミックディスクおよび BSD スライスをバックアップ、復元、およびコピーすることができます。 この機能は、Windows と R-Drive image のブート可能バージョンでサポートされます。 すべてのタイプのディスクまたはボリュームのイメージを作成し、イメージをダイナミックディスクまたは基本ディスクに復元することができます。 しかし、イメージを復元する時に、ターゲットディスクのサイズまたは他の特性を変更することはできません。 ダイナミックディスクイメージを基本ディスクに復元するとき、基本ディスクは基本のままで、ダイナミックディスクに変換されません。
  • CD/DVD 書込み時の柔軟な制御。 これにより、ISO ファイルの書込み速度とキャッシングを制限します。
  • イメージの改良されたファイルフォーマットがアプリケーションにより作成されます。
  • NTFS パーティションへの書込み。 R-Drive Image ブート可能バージョン(Linux カーネルをベースにする)は、R-Drive Image Windows バージョンと同様に NTFS パーティションへの書込みをサポートします。
© Copyright 2000-2016 R-Tools Technology Inc.